レシピ No.42

ローマの
「サイード ダル 1923」

サイード特製ナスのカポナータ

ローマの「サイード ダル 1923」サイード特製ナスのカポナータ
ローマの「サイード ダル 1923」サイード特製ナスのカポナータ
ローマの「サイード ダル 1923」サイード特製ナスのカポナータ

エピソード

ローマのチョコレート工房として有名な『Said Dal 1923(サイード ダル 1923)』は、その名の通り1923年からチョコレートを製造し続けている老舗。今回ご紹介するのは、そんな老舗チョコレート工房が2006年にチョコレートショップと併設してオープンしたレストランです。店内にはアンティークのチョコレート型が壁いっぱいに飾られ、チョコレートの歴史とカカオの香りあふれる落ち着いた雰囲気を演出。自慢のチョコレートを使用した、オリジナリティあふれるメニューを楽しめるお店です。

今回ご紹介する「サイード特製なすのカポナータ」は、こんがりと揚げ焼きにしたなすに白ワインビネガーとバルサミコをきかせた甘酸っぱい風味が特徴。カカオパウダーを混ぜ込むことで深みのある味に仕上げています。

一見、不釣り合いに感じるなすとカカオの組み合わせですが、実は相性抜群。イタリアのお盆にあたる「Ferragosto(フェラゴスト)」でも昔から親しまれてきたドルチェメニューです。そんな「サイード特製ナスのカポナータ」を「青の洞窟 ポモドーロ」を使ってオマージュします。

オマージュレシピ

カカオ入り ナスのカポナータ

カカオが隠し味。不思議なほど深いコクと風味をプラスします

<材料>2人前

〈カポナータ〉

  • 青の洞窟 ポモドーロ 1箱
  • なす 5本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • セロリ 1本
  • オリーブ油 大さじ4
  • ブラックオリーブ 10粒
  • グリーンオリーブ 10粒
  • 白ワインビネガー 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • カカオパウダー 大さじ1/2
    (※砂糖などが加わっていないカカオ100%のものを使用してください。)
  • バジルの葉 5枚

〈飾り〉

  • イタリアンパセリ(添付品) 1袋
  • バジルの葉 お好みで

<作り方>

  1. なすと玉ねぎは2cm角に切り、セロリは薄切りにします。
  2. フライパンにオリーブ油と[1]のなすを入れ、全体にしっかりとオリーブ油をからめ、中火で焼き目がつくまで揚げ焼きにします。
  3. [2]に[1]の玉ねぎとセロリを加え、しんなりするまで炒めます。
  4. 火を止めて「青の洞窟 ポモドーロ」、ブラックオリーブ、グリーンオリーブ、白ワインビネガー、砂糖、カカオパウダーを加え、弱火で5分ほど煮ます。
  5. [4]に刻んたバジルの葉を加えて保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上冷やしておきます。
  6. お皿に盛り、イタリアンパセリを振りかけ、お好みでバジルの葉をのせます。

<レシピのポイント>

ナスはオリーブ油をからめてから焼くことで大量の油を使わなくても揚げ焼きにすることができます。「青の洞窟 ポモドーロ」を使うことで煮込み時間を短縮できます。ソースがはねる場合があるので火を止めてから加えてください。

カカオ入り ナスのカポナータ

今回使用した青の洞窟

青の洞窟
ポモドーロ

お店紹介

「サイード ダル 1923」

無数のレストランがひしめく美食の町ローマ。その中でも、チョコレートを使った変わり種の料理で知られるレストラン。100年近くの歴史を誇る老舗工房の自慢のチョコレートを使ったメニューは、ここでしか味わえないオリジナリティあふれるお料理です。

住所
"SAID dal 1923"
Via Tiburtina 135, Roma
Roma

リストランテ オマージュ
レシピとは

リストランテ オマージュレシピでは、BS-TBSの番組「あなたの知らないイタリアへ」で紹介されたリストランテのメニューをご家庭でも簡単に作ることができるようにオマージュしたレシピを紹介しています。

青の洞窟
あなたの知らないイタリアへ