レシピ No.17

ヴァレーゼの
「リストランテ・ロッポンジ」

ズッキーニとシーフード
たっぷりのスパゲッティ

rcp17_slide01
rcp17_slide02
rcp17_slide03

エピソード

レストランがあるSaronno(サロンノ)は、ミラノから北西約20kmに位置するロンバルディア州ヴァレーゼ県にあり、お菓子の「アマレット」やリキュールの「アマレット」が生まれた町で、その昔はミラノからの路面電車の終着地点でもあったところ。今回ご紹介のRistorante Roppongiは、伝統的な地中海料理を現代風にアレンジし、新鮮な季節の食材をふんだんに使った料理を提供しているリストランテ。ピッツェリアとしてピッツァも提供し、毎週日曜日のアペリティーヴォ(食前酒)の時間帯には、ミュージックライブも行われるなど、いろいろなシーンに合わせて楽しめるお店です。

今回オマージュするメニューは、「エビとズッキーニのシャラテッリ」。エビ、ズッキーニ、トマトの組み合わせは、南イタリア料理には欠かせない相性抜群の食材。シャラテッリは(Scialatelli)は、1960年代後半に考案され、切り口が長方形で、フェットチーネを短くカットしたような、カンパーニャ州のアマルフィ海岸を起源とする現代的なパスタ。生地を伸ばして包丁でカットされたシンプルな形状ですが、厚みがある分食べ応え十分で、魚介のソースといっしょに提供されることが多いパスタです。ナポリ語で「scial」は"楽しむ"、「tiella」は"フライパン"。まさに美味しく楽しむことができるパスタ料理です。今回は、「青の洞窟 スパゲッティ 1.6mm チャック付結束タイプ」と「青の洞窟 GRAZIA ボンゴレビアンコ」を使ってアレンジメニューをご紹介致します。

オマージュレシピ

ズッキーニとシーフード
たっぷりのスパゲッティ

魚介の旨味をズッキーニとパスタに
たっぷりまとわせた一皿

<材料>1人前

  • 青の洞窟 スパゲッティ 1.6mm チャック付結束タイプ 100g
  • 青の洞窟 GRAZIA ボンゴレビアンコ 1箱
  • 冷凍むき海老 60g
  • 冷凍カットイカ 60g
  • ズッキーニ 1/2本
  • ミニトマト 3個
  • イタリアンパセリ(付属品) 1袋
  • バジルの葉 4-5枚
  • 白ワイン 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1

<作り方>

  1. 冷凍むき海老と冷凍カットイカは解凍しておきます。ズッキーニを5mm幅の半月切りにし、ミニトマトは半分に切ります。
  2. 鍋に水1Lを入れてお湯を沸かし、沸騰したら小さじ1の塩を入れ、「青の洞窟 スパゲッティ 1.6mm チャック付結束タイプ」を5分間(表示時間よりも1分短い)ゆでます。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱しズッキーニを加え炒めたら、海老とイカを加えて炒め、更に白ワインを加えてアルコール分を飛ばします。
  4. [3]に「青の洞窟 GRAZIA ボンゴレビアンコ」、付属のイタリアンパセリ、ミニトマトを加えます。
  5. [4]に[2]のスパゲッティと手でちぎったバジルを加えてソースとよく絡めながら軽く煮込み、お皿に盛ります。

<レシピのポイント>

手軽に使える冷凍シーフードと「青の洞窟 GRAZIA ボンゴレビアンコ」で魚介の旨味たっぷりのパスタになります。スパゲッティを茹でながらソースを作りタイミングよく仕上げましょう。白ワインの代わりにコニャックを使用するとより本格的な風味になります。

牛ステーキ ズッキーニとシーフードたっぷりのスパゲッティ

今回使用した青の洞窟

青の洞窟
スパゲッティ 1.6mm
チャック付結束タイプ

青の洞窟
GRAZIA
ボンゴレビアンコ

お店紹介

「リストランテ・ロッポンジ」

日本の「六本木」をイタリア語読みした店名で、料理はパスタやピッツァがメインの正統派イタリアンレストラン。レストランオープンの際に、珍しい店名をつけようと、日本の六本木のイメージと「ロッポンジ」という語感を気に入ったことから店名となった。

住所
"Restaurant Roppongi"
Via Antonio Parma, Saronno, Varese
Varese

リストランテ オマージュ
レシピとは

リストランテ オマージュレシピでは、BS-TBSの番組「あなたの知らないイタリアへ」で紹介されたリストランテのメニューをご家庭でも簡単に作ることができるようにオマージュしたレシピを紹介しています。

青の洞窟
あなたの知らないイタリアへ