レシピ No.7

アルバの
「リストランテ・ラロッサ」

ジャガイモの
カプチーノ風ポタージュ

エピソード

ピエモンテ州はまさに食材の宝庫。そしてアルバといえば世界三大珍味のひとつといわれる白トリュフが有名です。おいしい食材に加えてイタリア最高峰赤ワイン、バローロとバルバレスコがいただける美食の街アルバで、ミシュランガイド・イタリア版で一つ星に輝く若手シェフ、アンドレア・ロッサ氏が腕をふるうお店「Ristorante Larossa」。アルバ駅からも近く、サン・パオロ広場に隣接する「ドン・ジャコモ・アルベリオーネ」通りに面した建物に入っているレストランの入り口は、店名にもなっているシェフの苗字を象徴とした真っ赤な色のドア。店内はエレガントで白を基調としているダイニング。サービスを担当しているのは、パートナーのパトリツィアさん。今回オマージュするメニューは、「ジャガイモのカプチーノ風ポタージュ」。レモングラス、ミルクのエスキューマ(泡)にあらゆる油脂を吸収しパウダー状にするマルトセックを使ったフォアグラとホウレン草のパウダー。濃厚なジャガイモのポタージュに、低温調理されたアサリを加えた濃厚で複雑な味が楽しめるスープを「青の洞窟 あさりの旨味広がるボンゴレビアンコ」を使ってアレンジします。

オマージュレシピ

アサリの旨み広がる
ふんわりミルクポタージュ

手軽につくれるカフェオレみたいな
可愛いポタージュに仕上げました

<材料>2人前

  • 青の洞窟 あさりの旨味広がるボンゴレビアンコ 1箱
  • じゃがいも 150g
  • 水 200ml
  • 牛乳 50ml
  • 牛乳(トッピング用) 30ml

<作り方>

  1. じゃがいもは皮をむき一口大に切ります。小鍋にじゃがいもと水を入れて柔らかくなるまで煮たら、火を止めてハンドブレンダーにかけてなめらかにします。
  2. 1.の鍋に「青の洞窟 あさりの旨味広がるボンゴレビアンコ」と牛乳を加え、弱火で温めながら混ぜます。
  3. トッピング用の牛乳をレンジで温めミルクフォーマーで泡立てます。
  4. 器に2.をそそぎ、3.をのせ、パスタソースに添付のガーリック&パセリをふりかけて完成です。

<レシピのポイント>

「青の洞窟 あさりの旨味広がるボンゴレピアンコ」を使い、時間をかけて作ったようなアサリのポタージュに仕上げました。カフェラテなどを作る際に牛乳を泡立てるミルクフォーマーは、100円ショップなどでも手軽に購入できます。

今回使用した青の洞窟

青の洞窟
あさりの旨味広がる
ボンゴレビアンコ

お店紹介

「リストランテ・ラロッサ」

トリュフをはじめとする高級食材の産地としても知られるアルバの街の中でも、一、二を争う人気を誇るこの店はイタリアでも珍しい完全予約制のレストラン。モダンかつクリエイティブな料理を味わうために、遠く海外からも予約客が訪れ、その料理に舌鼓を打つという名店です。

住所
"Ristorante Larossa"
Via Don Giacomo Alberione 10/D, Alba
Alba

リストランテ オマージュ
レシピとは

リストランテ オマージュレシピでは、BS-TBSの番組「あなたの知らないイタリアへ」で紹介されたリストランテのメニューをご家庭でも簡単に作ることができるようにオマージュしたレシピを紹介しています。

青の洞窟
あなたの知らないイタリアへ