レシピ No.6

ミラノの
「ピッツェリア・カプアーノズ」

ピッツァ・
マルゲリータ

エピソード

ミラノの中心スフォルツェスコ城の裏手、緑あふれるセンピオーネ公園から広がるCorso Sempione通りを1ブロック入ったVia Francesco Londonioにある「Pizzeria CAPUANO’S」。ナポリ出身のルイージ・カプアノ(Luigi Capuano)氏によってオープンされ、店内は緑と白のタイルで内装されたモダンでスタイリッシュなピッツェリアです。伝統的なナポリピッツァから、現代的にアレンジされたピッツァまでいただけ、生地に使うイーストは少なめで長時間発酵されているため消化が良い生地となっています。今回オマージュするメニューは「ピッツァ・マルゲリータ」。トマト、バジリコ、モッツァレッラチーズと、シンプルな具材で焼かれる代表的なナポリピッツァです。そして赤、白、緑とイタリアンカラーで焼き上げられているところが、またイタリアらしい一品です。今回その赤色を「青の洞窟 イタリア産完熟トマト果肉のポモドーロ」、緑色は「青の洞窟 バジルとチーズ香るジェノベーゼ」でアレンジしたピッツァをご紹介します。

オマージュレシピ

完熟トマトと
バジルのソースのピッツァ

気軽につくれるピザ生地と
イタリア産完熟トマトとバジルの
ハーモニーが奥深いピッツァ

<材料>直径22cm / 2枚分

  • 青の洞窟 イタリア産完熟トマト果肉のポモドーロ 1箱
  • 青の洞窟 バジルとチーズ香るジェノベーゼ 1食
  • モッツァレッラチーズ   1個(100g)
  • バジル          2枝
  • (ピザ生地)
  • 日清 カメリヤ(強力小麦粉)250g
  • 塩            小さじ1/2
  • オリーブオイル      大さじ1
  • ドライイースト      小さじ2
  • ぬるま湯         150ml
  • 打ち粉(日清 カメリヤ)  適量

<作り方>

  1. 台に日清 カメリヤ(強力小麦粉)、塩をのせて中央をくぼませ、そこにオリーブオイル、あらかじめぬるま湯と混ぜておいたドライイーストを入れます。カード2枚を使って切り混ぜてひとまとまりになったら、なめらかになるまでこねて丸めます。生地を半分に分けて2つにし、それぞれを丸めてビニール袋に入れ約5分間休ませます。その後、打ち粉をしながら麺棒で円形に伸ばします。
  2. 1.の生地を2重にしたアルミホイルにのせ、「青の洞窟 イタリア産完熟トマト果肉のポモドーロ」を半量ずつ2枚の生地に塗り、「青の洞窟 バジルとチーズ香るジェノベーゼ」を半量ずつのせて、全体に伸ばします。
  3. カットしたモッツァレッラチーズを半量ずつトッピングします。
  4. トースターで約8分間、生地に焼きめがつくまで焼いたら、皿に盛りバジルをそえます。

<レシピのポイント>

ピザ生地はトースターで簡単につくれるレシピです。ぬるま湯は人肌程度。生地はお持ちのトースターに入る大きさに調整し、焼き時間も調整してください。市販のピザ生地での代用も可能です。

今回使用した青の洞窟

青の洞窟
イタリア産完熟
トマト果肉のポモドーロ

青の洞窟
バジルとチーズ香る
ジェノベーゼ

お店紹介

「ピッツェリア・カプアーノズ」

ミラノにありながら明るく開放的なナポリの雰囲気を感じさせる店内で本格的なピッツァを味わうことができるピッツェリアです。店内にはピッツァ窯が据えられ、職人達が一日数百枚にのぼるピッツァを焼き上げている地元の人々に大人気な名店です。

住所
"Pizzeria Capuano's"
Via Francesco Londonio 22, Milano
Firenze

リストランテ オマージュ
レシピとは

リストランテ オマージュレシピでは、BS-TBSの番組「あなたの知らないイタリアへ」で紹介されたリストランテのメニューをご家庭でも簡単に作ることができるようにオマージュしたレシピを紹介しています。

青の洞窟
あなたの知らないイタリアへ